車の下取りと買い取りの違い

新しい車を購入しようと思った時、一般的に下取りに出そうということを選ぶ傾向が強いようです。
しかし、下取りと買取の違いというのはご存知でしょうか?
下取りというのは、現在所有している車を売却して、同じ販売店でその売却したお金を次に購入する車の購入資金に充てることです。
買取というのは、現在所有している車を売却して現金を得ることです。
多くのユーザーの方は、新車を購入する際に、知らないで下取りに出しています。
しかし、はっきり言いますと、買取のほうが下取りよりもはるかにお得なのです。
先に説明したように、下取りの場合には、現在所有している車を売却して、お金は次の車を購入するための販売店でのお金の足しになります。
実際には、いくらが下取りの部分で、いくらが新規に購入する車から値引きされた部分なのか、というように「実際の車の査定の金額が分かりにくい」というようなことがあるのです。
さらに、基本的なことを考えてみるとよく分かるのですが、正直、自動車のディーラーというのは、車を売却していくらというような商売です。
高い下取り価格を無理矢理に提示してまでも、中古車を在庫するというメリットはないのです。
それに対して、車の買取の専門店というのは、買取が専門ということなので車を買取していくらというような商売です。
そのため、どちらの方がより高い価格で引取りをしてくれるかということは、ちょっと考えると分かりますね。
しかし、車買取にはデメリットがあり、たぶんこのことが下取りに対して買取があまり知られていない理由ではないかと思います。

【PR】新型クラウンが安く買える裏技。

それは、買取の査定を依頼することが面倒というようなことです。
下取りの場合であれば、新車を買うディーラーに車を持って行って、下取りの金額を見積もってもらうと済みます。
一方、買取の場合には、最近ではネットが普及しているため、パソコンでどこからでも依頼ができるとは言っても、査定依頼を一社ずつ行うのは非常に面倒で効率が良くないですね。
しかし、そのような買取の査定が、複数の業者に一括で簡単に依頼することができるのです。
車買取の比較サイトであれば、簡単な申し込みを行うだけで、多くの大手の買取店が「入札の方式」で車の買取の価格を競合してくれるため、自分が予想していた以上に高い値段になることが多いということで評判になっています。
そのため、ディーラーの下取金額以上の買取価格になるということは間違いないでしょう。